二年坂から霊明神社・正法寺へ向かう道は、龍馬坂と呼ばれています。
観光客がぞろぞろ歩く二年坂からこの小道に折れると、急に誰もいなくなります。
案内もなにもないので、曲がる理由がないからでしょう。
龍馬坂
竹に覆われたひっそりとした石畳の階段です。
段は水平ではなく、散ったもみじが積もり、歩きにくいです。
龍馬坂
ここは慶応3年11月18日、海援隊士や陸援隊士らによる坂本龍馬中岡慎太郎の葬列が通った道。
誰がいうともなく「龍馬坂」と呼ばれるようになりました。
当時はどんな階段だったのでしょうか。坂道だったのでしょうか。かなり急な道なので葬列は難渋したかもしれません。

途中で振り返ると八坂の塔が見えます。
もちろん、当時も建っていた塔です。
龍馬坂

一番上まで登りきって北へ折れれば、龍馬の墓所のある霊山護国神社まではすぐです。
龍馬坂

龍馬坂からそのまま登り続けると、正法寺の境内へと入ります。
龍馬坂

本堂前からは京都の街が一望できます。
この日はここにも誰もいませんでした。
龍馬坂


京都府京都市東山区二年坂入口付近