header_ryouma2.jpg

坂本龍馬ゆかりの地 京都 一覧

11月15日には、京都霊山護国神社の坂本龍馬、中岡慎太郎墓前で『龍馬祭』が行われます。京都河原町の近江屋で刺客の凶刃に斃れたのは慶応3年11月15日のこと。坂本龍馬はその日のうちに息を引き取り、下僕の藤吉は翌日、中岡慎太郎は翌々日に亡くなりました。
坂本龍馬は享年33歳、中岡慎太郎30歳、藤吉25歳。まだ青年です。

中岡慎太郎の郷里である高知県安芸郡北川村から軍鶏肉の寄進を受けて、両援会、京都高知県人会によりお昼ごろから軍鶏鍋が参拝者にふるまわれるそうです。
坂本龍馬・中岡慎太郎の最期の日の「シャモを食べたい」という会話が偲ばれます。軍鶏鍋を用意する前に襲撃を受けてしまったのです。

京都霊山護国神社は拝観無料ですが、龍馬祭の行われる裏山の墓地は志納料300円がかかります。
子供は200円です。

京都霊山護国神社の坂本龍馬の墓

場所: 京都霊山護国神社(京都市東山区清閑寺霊山町1)

以下は2015年の情報です。
2015年11月15日(日)午後3時30分から京都霊山護国神社にて。お問い合わせは京都霊山護国神社まで。


二年坂から霊明神社・正法寺へ向かう道は、龍馬坂と呼ばれています。
観光客がぞろぞろ歩く二年坂からこの小道に折れると、急に誰もいなくなります。
案内もなにもないので、曲がる理由がないからでしょう。
龍馬坂
竹に覆われたひっそりとした石畳の階段です。
段は水平ではなく、散ったもみじが積もり、歩きにくいです。
龍馬坂
ここは慶応3年11月18日、海援隊士や陸援隊士らによる坂本龍馬中岡慎太郎の葬列が通った道。
誰がいうともなく「龍馬坂」と呼ばれるようになりました。
当時はどんな階段だったのでしょうか。坂道だったのでしょうか。かなり急な道なので葬列は難渋したかもしれません。

途中で振り返ると八坂の塔が見えます。
もちろん、当時も建っていた塔です。
龍馬坂

一番上まで登りきって北へ折れれば、龍馬の墓所のある霊山護国神社まではすぐです。
龍馬坂

龍馬坂からそのまま登り続けると、正法寺の境内へと入ります。
龍馬坂

本堂前からは京都の街が一望できます。
この日はここにも誰もいませんでした。
龍馬坂


京都府京都市東山区二年坂入口付近

武信稲荷神社の小さな境内に異彩を放つ大榎があります。

take3.jpg

この榎は坂本龍馬おりょうの縁結びの木として有名です。

ふたりは何度もこの神社に訪れていました。

京の町で命を狙われて身を隠し、おりょうと離れ離れになった龍馬が自分がまだ京にいることをおりょうに知らせるためにこの木の幹に『龍』の字を彫ったそうです。

その『龍』の字を見つけたおかげで再び会うことができたという逸話。

素敵なはなしですね。


木の幹に手をあててみてください。
龍馬とおりょうがここに立っていたことが実感できるかもしれません。

take4.jpg
絵馬も龍馬とおりょうです。

武信稲荷神社

京都府京都市中京区今新在家西町38

阪急電車京都線・大宮駅で下車し北に徒歩約5分。

境内自由

2012年の龍馬よさこいの日程は11月10日(土)、11日(日)。
開催場所は以下のようになっています。


11月10日(土)
東映太秦映画村(13:00~16:30)
二条城(13:30~16:00)
京都三条会商店街(14:00~19:00)


11月11日(日)
龍馬演舞場 京都霊山護国神社(10:00~16:00)
円山公園音楽堂(11:00~16:00)
JR京都駅駅前広場特設会場(15:00~20:00)

公募で選ばれた学生チームによる活気あふれる演舞が見ものです。
『龍馬よさこい』とは、坂本龍馬やその他の土佐出身の志士たちに高知や京都の今を伝えようとする学生だけのお祭り。

龍馬よさこい12実行委員会

江戸や福井へ行くために龍馬が何度となく渡った三条大橋
東海道五十三次の終点です。
三条大橋
禁門の変で負けた後、桂小五郎が乞食に変装し潜んだのもこの橋の下。

鴨川は少し位置が変わっていても、橋からの眺めはいまでもさほど変わらないのではないでしょうか。
三条大橋


アクセス:京阪「三条駅」下車。地下鉄「三条京阪駅」下車。

終了しました


坂本龍馬追悼展は第26回を迎えました。
当時は海援隊京都本部となっていた酢屋では、所蔵の坂本龍馬遺品・海援隊文書・ 酢屋文書約20点を展示しています。


期間:平成23年11月3日(木・祝)~30日(水) 11時~17時
会場 京都酢屋
交通 市バス205「河原町三条」
入場:600円  


【龍馬祭】
坂本龍馬の誕生日であり、命日でもある11月15日には酢屋前で龍馬祭が行われます。
11月15日 10時30分~
献杯無料

お問い合わせは京都酢屋まで。

坂本龍馬のマイフィギュアが作れるのをご存知ですか?
単なる坂本龍馬のフィギュアではなくて、あなたの顔の坂本龍馬のフィギュアなのです。
世界にひとつの「あなた=坂本龍馬」フィギュア!
自宅に飾っている様子をイメージしてみてください。


龍馬マイフィギュア
龍馬マイフィギュアの製作例。なかなかリアルです!

龍馬ボディは左の写真にもある有名な写真からのシチュエーション。
写真を送るだけで、手練の職人さんがあなたにそっくりな坂本龍馬フィギュアを作ってくれます。
専用アクリルケースもいっしょに注文すればさらにゴージャスです。

世界でひとつのあなただけの「坂本龍馬」 マイフィギュアを作りましょう!
》 》 「坂本龍馬」 マイフィギュアはこちらから注文できます。

1864年(元治元年)、坂本龍馬と中岡慎太郎は長州本陣となっていた嵯峨の天龍寺に長州藩士の来島又兵衛、久坂玄端を訪れるために立ちよりました。
天龍寺
天龍寺
天龍寺

嵯峨野での志士たちの東奔西走を偲んで、嵐山の落柿舎の向かい側には中岡慎太郎、坂本龍馬、武市瑞山、吉村寅太郎ら土佐四天王の銅像が建っています。
落柿舎
越前福井藩邸は「京都国際ホテル」の辺りにありました。
龍馬は脱藩浪人の身でありながら、藩主松平春嶽に会いに行きました。
しかもアポなし!

いまの京都国際ホテル。二条城の目の前にあり京都観光にとても良い立地です。

福井藩邸跡(京都国際ホテル)

京都府京都市中京区堀川通二条城前
JR京都駅から市バス9・50・101号系統「二条城前」下車すぐ
寺田屋で襲撃された龍馬と三吉がいったんこのお地蔵さまに身を潜めたそうです。

お地蔵さまはお堂の中におられます。
油をかけて祈願すると叶うということからか、黒光りしています。

寺田屋からこの龍馬通りを通ってわずかな距離です。
寺田屋から同じルートを辿ってみましょう。

西岸寺の油懸地蔵

京都府京都市伏見区下油掛町898
近鉄京都線桃山御陵前下車徒歩10分、京阪本線中書島駅から徒歩10分
時間 9:00〜16:00

このページの上部へ