museum.jpg
霊山歴史館は幕末維新史の総合資料館です。 「女性がすすめる歴史資料館のトップ10」にもランクインしている歴女に人気のスポット。

幕末の志士たちの肖像画、写真、遺品、遺墨などが展示されています。

新選組・桂小五郎・西郷隆盛・高杉晋作らのゆかりの品も多く、幕末ファン必見。


坂本龍馬の手紙や肖像画、 遭難した近江屋の模型、龍馬の血染めの掛け軸・屏風を見ることができます。

龍馬を斬ったとされる刀もあります。慶応3年11月15日、見廻組肝煎桂早之助がこの脇差を持って、京都・近江屋の一室で坂本龍馬を斬ったといわれています。
(写真)

2010年は大龍馬展を実施。

霊山歴史館

東山区清閑寺霊山町1

入場時間 10:00-16:30(入館は16時まで)

入場料金 平常展500円・特別展700円/月曜休館

駐車場数台分あります。空いていれば停められます(無料)

www.ryozen-museum.or.jp