寺田屋の写真
寺田屋さんは大阪の京橋を発着する淀川の船便の船宿として栄え、寺田屋事件のころは薩摩藩士の宿として、また倒幕派の定宿としても使われていました。


龍馬が寝起きするようになったのは1865年の8月頃から。
ここを起点に大阪や下関などを飛び回り、薩長同盟を締結させて翌年の1月23日に寺田屋に戻ってきました。

伏見奉行所の役人に龍馬が襲われたのは24日未明。
お風呂に入っていたお龍さんが、裸で階段の駆け上り急を知らせたことで龍馬が逃げのびることができたというエピソードは有名ですね。

寺田屋はすぐ後の1868年の鳥羽伏見の戦いで焼けてしまったそうで、いま見学できるのは明治何年かに再建したもの。
刀傷や柱のピストルの痕も龍馬とは無関係のもののようです。
当然ながら、風呂桶もニセモノ

現在お庭になっているところが当時の寺田屋の建物が建っていたところだということです。

それでも、京都の龍馬のゆかりの地はなかなか当時の雰囲気を味わえるところがありませんから、「梅ノ間」は一見の価値があると思います。

伏見の龍馬通り
難を逃れた龍馬が午前2時すぎに走り抜けたという小さな商店街です。
さまざまな龍馬グッズを見ることができますが、どれも観光地価格ではなく、控えめな地元的値段設定であることがホッとさせてくれます。
伏見の船
伏見の酒蔵が立ち並ぶスポットなので、川の水もたっぷり。風情があります。
十石舟が遊覧船として運行されていて、両岸の柳、桜、アジサイなどを楽しむことができます。
月桂冠のお酒
月桂冠や黄桜もすぐ近く。どのお酒も「龍馬おすすめ!」となっています(笑

寺田屋

〒612-8045 京都府京都市伏見区南浜町263 075-622-0243 館内見学は大人400円。お庭は自由。